恋が実ったホワイトデーのエピソード集

  • 恋が実ったホワイトデーのエピソード集 はコメントを受け付けていません。
恋が実ったホワイトデーのエピソード

一度は玉砕した恋がまさかの展開

彼女がいる人を好きになってしまい、バレンタインにダメもとでチヨコレートあげたのですが、みごと玉砕しました。

しかし同じ社内で同年代のため皆で飲みに行くのは頻繁にあり、まわりには内緒にしていました。

それからはまわりも知らないので辛い飲み会の日々でしたが、なるべく席を離れる様にして遠くから一言二言話して自然にしていました。

飲み会に参加しなければよいのに会いたい気持ちと、お酒を飲んで酔って感覚を麻痺させたいという気持ちが強くてついつい参加してしまいました。

そんなこんなで1ヶ月経ちホワイトデーになりました。

その日も飲み会で男性社員が奢るので予定の無い女性社員は来るように、と誘われました。

彼も参加していたのですが、もともと彼は遠距離恋愛だったのできっと予定が空いていたのだろう、と思っていたら最後に彼女とは別れたので付き合って欲しいと逆にチヨコレートを渡されました。

どうやら私が振られてからも飲み会に参加したり、気にしていなそうなのを見ているうちに逆に気になってしまったとのことでした。

びっくりしましたが、その場で承諾し付き合う事になりました!

 

ホワイトデーに逆告白

バイト先で片思いしていた先輩に、バレンタインデーにチョコを渡しました。

先輩は私より年上ですし、チョコは他の同僚に配った物よりワンランク上なものの、今まで好きだと言う素振りも見せた事がないので、義理だと思われていたはずです。

課の女性同僚皆からだと思ってそうだとお返しは諦めていました。

でもホワイトデー当日、出勤した際に先輩がこっそりと「今日、退勤後に時間ある?」と言われたのです。

ドキドキしながら退勤後に休憩室で待っていると、先輩から「バレンタインのお返し、似合いそうだと思ったから」とヘアアクセサリーをくれました。

先輩がこんな可愛い物を選んでくれたなんて、と思い期待して「これって私にだけですか?」と聞いたのです。

すると「バレンタインから気になっていて」と告白してもらえました。

ホワイトデーは女性から告白しやすい日、ホワイトデーは男性から告白しやすい日なのかもしれないと感じました。

 

付き合い始めた忘れられない記念日

2月中旬頃に知り合った男性とのエピソードです。

知り合った後、2人きりでデートして意気投合、お互いがお互いを意識し合う仲になりました。

私も彼に好印象を抱いていたし、シャイな方でしたが私に好意を持ってくれていることはなんとなくわかりました。

その後も1回、2回とデートを重ねていき、3回目のデートの日がたまたまホワイトデーに。

お互いの仕事の都合などを考えた上でなので、わざとではなかったのですが、「あ、ホワイトデーだな」という意識はありました。

でも、知り合ったのがバレンタインデーを過ぎた頃だったし、私は彼にチョコレートもあげていません。

何かをもらえることはないだろう、と思っていたのですが・・・。

3月14日のデート当日、帰り際に「これ、良かったら・・・」とチョコレートをもらいました!

私は慌てて「え!?だってチョコレートあげてないよ!」と言ったら、「ホワイトデーだったし、あげたかったから」と言われ、その後「お付き合いしてください」と告白されました。

私は「バレンタインデーに女性から告白される男性ってこんな気持ちなのかなぁ」と思いながらOKしました。

お付き合いを始めた記念日がホワイトデーなので、忘れられません。

いい思い出になりました。

 

下校時の帰り道で待ってってくれた好きな人

中学生の時に、当時好意を寄せていた男子に人生で初めてバレンタインチョコを渡しました。

ですが、お互い周りから冷やかされてしまい、渡すことはできたもののその後は相手からの反応はなく、もしかしたら嫌われてしまったのではとショックを受けていました。

そんなできごとから1ヵ月経ったホワイトデー。
きっと何もないのだろうと思いながら放課後になり、帰り道を歩いていると1人になったところに待っていたのは好きな人でした。

渡されたのは小さな紙袋で、可愛らしい動物型のクッキーが入っていました。

すぐに帰られてしまいましたが、中に入っていた手紙に感謝の気持ちが書いてあり、とても嬉しかったのを覚えています。
クッキーも買いに行ってくれたのかと思うととっても幸せに感じましたね。

 

面識のない女の子からのバレンタインとお返し

男性のエピソードです。

高校1年生のころ、バレンタインデーに同じ高校でした面識も全くない女の子からチョコレートをもらいました。

その時は、ありがとうとお礼を言うくらいの会話しかしませんでした。

私は当時他に気になっていた女の子がいてその人からももらっていましたので、ホワイトデーこ前の休日にその人へのお返しを買いに行きました。

その時ふと面識のない女の子のことも思い出したのでその人へのお返しも購入しました。

気になっていた子には、どこのクラスの子かも知っていたのですぐに渡せたのですが、面識もない女の子に返すのに色んなクラスを探し回り見つけ渡すことができました。

その時、なぜかは思い出せませんが、学校終わりにご飯に行くことになりました。

ものすごく気が合い、それがきっかけでその女の子と付き合うようになり、高校卒業するまで私の彼女でした。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

return top